もやもや駅伝

もやもや解決のバトンリレー

赤羽雄二さんの、「もうこれで英語に挫折しない」より、『日本語の情報だけでは勝負できなくなる』

日本語に翻訳された情報は、英語の情報の5%もない

 成長したいビジネスパーソンにとって英語が不可欠な理由はたくさんありますが、どれもピンとこないというのが正直なところだと思います。

 私を含め、多くの方にとって英語は重要ではあるが緊急ではないものに位置付けられています。英語を勉強しておいた方が良いということはビジネスパーソンであれば、誰もが感じていることですが、日本語の記事だけでも膨大にあるため不自由を感じていないというのが実感としてあります。

 赤羽さんは、「実際はほとんどがごく一部の元ネタの焼き直しに近い。日本語に翻訳されたものは、英語で流れてくる情報の5%もない」と言います。英語で情報収集することによって視野が広くなり、知っているという点で精神的にも有利な状況で仕事をすることができます。

英語で情報収集する価値に気づくために、まずは好きな分野で英語で情報収集する

 英語で情報収集すると良いことがある、ということに気づくために、まずは好きな分野で情報収集することから始めることを提案しています。そこで得られた情報をSNSで公開し合うなどして、英語での情報のインプットとアウトプットをとにかく実行することで、一気に英語への心理ブロックを外していきます。

 簡単に言えば、英語での成功体験を積んで自信をつけていくということで、本書には具体的にどのように進めていくか、ということが細かく書かれています。

日本人がしゃべってくれるのを待っている

 本書の中で、私がヒットしたのは、「世界には、日本人がしゃべってくれるのを待っている人がたくさんいる」ということです。日本人の価値観に敬意をもたれていることは良く知られています。日本人であれば多少文法がおかしかったりしても、相手が聞く耳を持って接してくれるとも言えます。

日本人が英語に挫折していることの危機

 英語の学習本というと、英語教育を仕事にしている方が書かれているものがほとんどですが、この本は違います。赤羽さんは、世界を舞台に英語でビジネスをしてきた経験から、英語に挫折していることは成長の大きな足かせになっている。成長できるできないとかそういう次元の話ではなく、このままでは生き残れない時代になっていくとも述べられています。

 英語に対して危機感を持ちつつも、あまり考え込まずに、英語での小さな成功体験を積み重ねて成長していきましょう、というメッセージと、具体的にどう行動していけば良いのか、本書には分かりやすくまとめられています。

 

 以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・英語で情報収集することが楽しいと思えるように、興味のある分野で英語で情報収集する。 
・英語の文例集を作る。
・英語でメモ書きをする。一日5枚。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・英語での情報収集が楽しくなっている。 
・英語でブログを1回アップする。
・英語の文章の添削をしてくれる人を見つける。
・仕事の中に英語を取り入れる。

赤羽雄二さんの、「マンガで分かるマッキンゼー式ロジカルシンキング」より、『必要なのはちょっとした努力』

伝わらないのはテクニックの問題ではない

 自分の考えを分かってもらえない、という経験は誰にでもあると思います。なぜ分かってもらえないのか、単に伝え方・言い方の問題ではなく、考え自体が表面的なものに終わっているからです。本人にとっては素晴らしいアイデアであっても、他の人から見るとありきたりだったり、大事なポイントが抜けていたりします。

 これは、本書の「はじめに」に書かれている文章です。伝え方はもちろん大事ですが、優れたアイデアかどうかは、相手よりも深く考えているかどうかで決まります。

論理的思考とは、「なるほど!そりゃそうだ」と思われる考え方

 深く考える、その鍵は、「きちんと考える」、「良く考える」ということです。ラーメン屋さんの場合で考えれば、

・どうやっておいしいスープを作るのか

・どうやってスープの塩分を大幅に減らすのか

・どうやって「コク」と「さっぱり感」を両立させるのか

・どうやってカロリーが大幅に低く、かつ食感のよい麺を開発できるのか

・どうやって麺とスープがうまくからむような工夫ができるのか

といったラーメンそのもののことに加えて、

・どうやって体によい食材を安定供給してもらえるのか

・どうやってこのラーメンの原価をあまり上げずに作ることができるのか

・どうやって他のラーメン屋に埋もれず、知ってもらえるのか

・どうやって他のラーメン屋さんにマネされずに続けることができるのか

・どうやって味を落とさず、多店舗展開できるのか

・人手不足のおり、どうやって優秀な人材を採用し続けられるのか

 自分の考え方を説明するとき、相手は次の展開を予想しながら聞いているものです。その予想に対して、「これがこうだったらこうなるはずだよね」というのを、ポン、ポン、と的確にあてはめていってあげれば良いということのようです。これは会話するときに誰でも普通にできていることであり、同じことができればそれは十分に論理的思考と言えます。

 赤羽さんの文章は、まさに欲しいところ(読み手が期待するところ)に簡潔に言葉が並べられていています。ではどうやって論理的思考ができるのか、ラーメン屋さんの例であれば、ラーメンが好きで好きでたまらなくて自分の最高のラーメンを食べてもらいたいと心の底から考えている人であれば、自然とできてしまうことです。まずは強い関心を持てる分野で考え続けることが論理的思考を自分のものにする鍵だと思います。

必要なのはちょっとした努力

 とは言っても、そんなに強い関心を持てる分野ってない、という方が多いと思います。自分もそうでした。行動しないと何も変わらないということはよく言われます。どう行動すればいいのか、自分にマッチするやり方を選べば良いと思いますが、私のおすすめは赤羽さんの提案する、「本書を読み、A4用紙を用意して頭に何かが浮かんだらさっと書き留める、何か整理しようと思ったら2×2マトリックスにさっと整理してみる」ということです。

 変わりたいと願うならば、信じて行動すれば、世界が変わって見える日が来ます。私は、約1年間メモ書きを継続し、最近少しずつ世界が変わって見えてきました。

 

 以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・メモ書きと2×2マトリックスをとことんやる。 
・自分だけで解決しようとせず、人に相談して確認する。
・朝晩の自分の時間を確保する。朝晩にポジティブな気持ちになって寝るようにする。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・自部署での成果が認められ、それに伴った人事異動(例えば上司が昇格)がある。
・部長に成長を認められ、提案に対して「なるほど」と言われる。
・先輩が納得する研究計画を立てて、研究を進めている。

赤羽雄二さんの、「すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣」より、『部下を最短、最速で戦力化する』

従来式のやり方では通用しない

従来式とは、解決方法を部下に自分で考えさせたり、時には厳しく叱りつけたりといった方法のことを言います。極端に言えば、少し前のドラマにあった「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」というやり方です。

スピードを上げないと生きていけない

世の中が右肩上がりの時代であれば、従来式のやり方でもよかったのかもしれませんが、変化のスピードが早い今の時代では、スピードが何よりも重要になります。部下が成長するのを待っているようでは、このスピードについていくことができず、部下を最短、最速で戦力にしなければ、成果を上げることができません。そもそも、成果と部下の育成は上司の責任です。部下育成のカギは、成長したい、自分もやってみたいと強く思わせることだ、と赤羽さんは言います。そのためには上司であるリーダー自身が部下を上回るスピードで成長することが必要で、リーダーが実行すべき具体的な習慣(行動)が分かりやすくまとめられています。さらりと読めてしまいますが、1つひとつの内容は非常に濃いです。

上司の本質とは?

赤羽さんの著書「世界基準の上司」によれば、上司の本質は、「真剣に部下のことを考え、最高の仕事をやってもらってチームの成果を最大化し、他のどの部署にいるよりも部下が早く育つ環境を提供する」とあります。当たり前のことですが、具体的にどうすべきかを具体的にまとめられている本はなかなかありません。○○の習慣というと、7つの習慣が有名で、ビジネス書を読む人であれば、一度は読んだことがあると思います。メリット-デメリット、主体的-具体的、抽象的-具体的、というような対になる考え方をペアコンセプトということがありますが、7つの習慣とこの40の習慣は、まさにこのペアコンセプトの関係にあると思います。40の習慣を自分のものにできれば、世界が変わって見えるようになる気がします。

 

以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・40の習慣を自分の習慣にする。暗記して仕事に活用する。 
・仕事をためない。後回しにしない。後回しにするときはいつやるのかを手帳に書く。
・自分の意見をいつも持つようにする。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・ロジックツリーを自分のものにする。業務でロジックツリーを使う。
・各仕事に対し、30分以内にアウトプットイメージを作り出すことができるようになる。
・グループメンバーの業績成長目標同意書を書き、上司と共有する。

赤羽雄二さんの「頭を前向きにする習慣」より『人は皆、頭がいい』

「頭が悪い」という思い込み、自信のなさ

自分は頭が悪いと思い込んでいる人が多い、と赤羽さんは言います。特に日本人にその傾向があります。例えば、日本語で、「勉強不足で」いう言い方をすることがありますが、英語で、「As I am stupid, Ithink xxx」というような言い方をすることは決してありません。第1章では「日本の危機」として、自信のなさは個人の問題にとどまらず、あらゆる観点でじり貧になっている日本の課題についてまとめられています。

自信のなさからゆでがえるになっていないか

もやもやする問題には、必ず根底に「そこに着手したくない」「できれば関わりたくない」といった本音があります。その本音と向き合わずもやもやする問題から逃げていると、ゆでがえる状態になります。ゆでがえる状態とは、大問題が起きているのに、変化が少しずつなので気づかず、問題を放置している。あるいは、気づかないふりをして、日々を過ごしてきたために、手遅れになった状態のことを言います。ゆでがえるにならないためには、変化に気づき、現状に甘えず新しい行動をしていく必要があります。

頭を前向きにして結果をださなければ生き残れない

もやもやは何も生み出しません。一人ひとりの日本人が、今いかに「ゆでがえる」状態にあるかを理解して結果をだしていかなければ、生き残ることは難しい、と赤羽さんは言います。本の題名からは、ポジティブシンキングになりましょう、というような印象を持って読み始めましたが、中身には今の日本への強い危機感とそれに対する解決策が詰まっています。人は皆、頭が良く、結果を出す人と出せない人との差はほんの少ししかありません。もやもやをシンプルに言葉にして向き合い、まずは小さなし成功で自信をつけ、大きなチャレンジへつなげていくためのヒントをたくさんいただきました。

 

以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・メモ書きをしっかりやる。夜は家族との時間にする。朝早く起きてメモ書きをする。
・メールチェックはPCでやる。スマホを何気なく触る時間を読書の時間にする。
・まずは自分の成長を優先する。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・毎朝1時間早起きすることが習慣になる。
・ブログを週2本書く。
・職場でスピードアップのワークショップを開く。

好きなことと向き合うということ

好きなことを表面的なレベルではなく、負の側面まで深く考えて向き合わなければ何も変わらない。

私の場合は、少し前まではビジネス書を次から次へと読んでいましたが、振り返るとビジネス書を読めば何かが変わるはずだって、甘えがあったように思います。

そんな思いもあり、このブログではこれまでに読んだビジネス書に対して行動をどう変えるのかの決意を書いていきたいと思っています。

 

 

以下、山田雅人さんのFacebookから転載

【好きなことをやるのではなく、向き合うことが大切】

しばらくFacebookの投稿ができていませんでしたが、

今年最期に向けて

自分と「向き合う」ことに取り組んでいました^_^

そして、今後立ち向かっていく目標を明確にしていく作業を頭から湯気を出しながら黙々と進めています。

真剣に「向き合うこと」は

多くのエネルギーが必要となります。

そして、向き合うからこそ多くの課題もできるし、

自分に足りない部分も見えてきます。

そんな中、よく好きなことをやりなさい!という本が目に入りますが、

僕はこの意味をちゃんと考えておかないと危険だなと思うのです。

その言葉に飛びつくだけでは好きなことやって、

飽きては次の好きなことを探すという、

永遠に青い鳥を探し続ける人生が待っているのかもしれません。

好きなことを探すことにエネルギーを注いでしまい、

結果、エネルギーが1つの好きなことに向けられないという方を多く見てきました。

そんなことを話している僕も、昔は同じような思考を持った1人でした。

「これをやったら人生変わるかも!」

「これを読んでみたら人生変えられるかも!」

「このセミナー、絶対行くべき!」

そんな甘い思考で人生の好きなことを選択していたわけです。
完全にマーケティングの罠にかかっていたとです(´・Д・)」

けど、もちろん結果は変わりませんでした。

ダメなら次があるという思考が生まれ、真剣に向き合うことができていなかったからです。
その結果、行動もできない。

好きなことをやれば確かに人生は成功できるかもしれません。

けど、それはきっと・・・

好きなことに関する負の側面やストレスも全部ひっくるめて、さらに好きになるまで向き合う人が

結果的に手にするものであることを僕は胸に刻んでおく必要があると思います。

自分への自戒めも込めて・・・

今年一年どんなことに「向き合う」ことができましたか?

赤羽雄二さんの「速さは全てを解決する」より『工夫をし続ける』

日本人は生産性が低い

・自分で決定し、推進しきれない多くの経営者や部門長

・部門内外の調整につぐ調整

・それに伴う膨大・過剰な書類作成

6ページより抜粋した日本人の生産性の低さの3大要因です。価値を生み出す仕事に費やす時間が少なく、且つ遅いという問題点に対して、具体的な解決策が惜しみなく示されています。

工夫のしかたを工夫する

著書ではスピードを上げるための原則が8つ紹介されています。特におすすめは「工夫のしかたを工夫する」ということ。1つ1つの行動に対して、今よりも早くする方法はないのか、徹底的に考えているそうです。おすすめは単語登録。例えば、メールをするとき、「お世話になります」っと書くとき、「おせ」+スペースで、「お世話になります」とでるように単語登録をします。こういった単語登録を200~300すると各段に文書作成のスピードがアップします。私自身、この方法で文書作成がスピードアップしてくると、文書作成以外でも遅い仕事があると居心地が悪く感じるようになり、今まで思いつかなかった工夫が思いつくようにもなってきています。単語登録以外にも赤羽さんのおすすめする実践的な工夫が著書では数多く紹介されています。

スピードの先にあるもの

もやもやするとか、仕事が遅いことの原因の多くは、とどのつまりスキル不足です。やり方が分からない→もやもやする→納期が近づく→納期間際に焦ってなんとかやり過ごす→・・・を繰り返していないでしょうか。まさに負のスパイラルで、このやり方ではスキルは高まっていきません。原因の大部分が上司であることは赤羽さん自身も認めつつも、部下のレベルでもできることはたくさんあります。スピードを上げる工夫は誰でもできます。工夫することによって自分に自信がつき、自然とスキルも身についていきます。スキルが上がれば、もやもやがなくなり、毎日が楽しくなっていきます。そうやって毎日を過ごしていけば、日本の生産性も劇的に向上していきます。Make Japan Great Again の思いが赤羽さんの著書からは伝わってきます。

 

以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・単語登録を300にする(今は150)。
・メールをためない、来た順に打ち返す。
・ホワイトボードを活用して30分以内にあらゆる打合せを終える。

・英語で情報収集する。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・議事録を即日発行する。
・赤羽さんの著書をすべてブログで紹介し終える。
・読んだ本すべてについてチャレンシートを書く。
・朝30分の情報収集を習慣にし、技術情報を毎日上司同僚部下に展開する。

赤羽雄二さんの「世界一シンプルなこころの整理法」より『悩みを悩みで終わらせないで文字にして考える』

悩んでいても何も解決しない

悩みは思考停止している状態であって、悩むことと考えることは違うそうです。考えるとは問題を特定することと赤羽さんは言います。先のことは誰にも分りません。悩みを因数分解して1つ1つに対してきちんと考えていきたいと思います。

悩みを悩みで終わらせないシンプルな方法

どうやって悩みを因数分解するか。その方法として赤羽さんはA4用紙1枚に1分間で思いを文字に吐き出すことを提案しています。例えば、上司とのコミュニケーションがうまくいかなくて悩んでいる場合は、どうしてコミュニケーションがうまくいかないのか、について1分間で思いを吐き出します。自分だったら、上司の気分が悪いときに話しかけている、伝え方が間違っている、ネガティブな報告ばかりしている。自分のことが好きではない、。。。などなどを書きます。そうやって書き出すと、ネガティブな報告でもポジティブに聞いてもらうにはどうすればいいか、伝え方が上手な人は誰か、上司が聞きたい報告はどんな報告か、上司が求めるコミュニケーションスタイルはどうか、上司(課長)は上司(部長)にどうやって報告しているか、明日からどういう工夫をするか、といった感じでタイトルを深堀りして、悩みを分解して、解決策に繋げていきます。

メモ書きしてみた結果

私自身これまで、1000枚以上メモ書きをしてきました。どんどん思考がクリアになっていくことは、1週間もすれば実感できます。あえてデメリットを上げるとすれば、副作用として、思考の質とスピードの向上に対して、自分のスキルが追いついてこなかったり、過去の行動の考えの浅さに気付いて自己嫌悪してしまうことがあるくらいですが、これに対しても、メモ書きをしまくれば、すぐに自己嫌悪から立ち直ることができます。

会社のメンバーに紹介してみた

会社のメンバーに紹介してみましたが、同僚にはいまいちヒットしていません。自分にとってはとても効果のあったメモ書きですが、人によってはそれほどヒットしないこともあるようです。自分は赤羽さんの本に出合ったときに、深い悩みの中にいたからヒットしたのかもしれません。

 

以下は、私自身へ向けた宣言(チャレンジシート(赤羽さんの「アクションリーディングより)

この本を読んで、自分は今から何をするか?

・もやもやしたときには、A4メモ書きする。 
・自分が伝えたいことをメモに書いてから伝える。
・あらゆる行動を成功体験に変えていく。

3ヶ月後には何をするか、どうなっていたいか?

・シンプルに生きる。本音で生きる。
・もやもやがなくなっている。
・自分の弱み、強みを客観的に理解し、強みを活かして行動している。