もやもや駅伝

もやもや解決のバトンリレー

項羽と劉邦 著者:司馬遼太郎

自分の言葉で語れるかどうか、がリーダーには必要。 自分の体験からくる言葉で語れるのが一番だが、 一人で体験できることは多くない。 小説で疑似体験することで言葉に重みをもたせることができる。 ・張良は劉邦軍を強くするためにまずは戦えば必ず勝つ戦…

タグチメソッドの源流を探る 著者:嘉指伸一、渡部義晴

一流のエンジニアほど、 言葉の定義を良く考えて、言葉を大切にしている。 哲学、本質を良く知っているからだと思う。 ビジネス書を読むのもいいけど、エンジニアであれば こういった本も読んでおきたい。

直観で分かるタグチメソッド 著者:長谷部光雄

品質工学には哲学的な表現が多い。 それらをかみ砕いて分かり易く説明してくれている。 例えば、ロバスト性=よういにへこたれないタフさ 自分は人としてどれくらいロバストだろうか。 チェックリストを充実しても、実質的な対策がなければ、 再発防止に効果…

最速のリーダー 著者:赤羽雄二

「業績・成長目標合意書」は、本書の中で紹介されている中で 最も効果的なツールです。 長所を文字に書いて伝えた後に、成長課題も文字に書いて伝えると 驚くほど素直に聞いてくれます。 「最小限の時間で最大の成果を上げる」ためにすべきことが、 現実的に…

開発現場で役立つ品質工学の考え方 著者:長谷部光雄

品質工学の考え方が分かり易くまとまっています。 入社してからいろいろな科学的開発手法を学んできましたが、 品質工学が最もパワフルで、パラダイムシフトになる学問・考え方だと思います。 いじめれば、わかる(機能性評価) 試せば、わかる(パラメータ…

最速成長 著者:赤羽雄二

仕事を楽しむという次元ではなく、これからは生き残りをかけたレースであることがひしひしと伝わってくる。 かといって自分勝手にスキルを上げていこうというわけではなく、 部下を育てる方法も詳しく分かり易く知ることができる。 「女性も戦力、片輪飛行で…

仕事が速いのにミスしない人は何をしているのか? 著者:飯野謙次

以後気をつけます。とか 同じミスはもうやらない。とか チェックリストで漏れをなくします。ではミスを繰り返してしまう。 注意力が求められるときは、そうしなくていい方法を考えることが失敗を撲滅するための 一番の近道。

すべてはモテるためである 著者:二村ヒトシ

ビジネス書を何冊も読むうちに、なんだか良く分からなくなってきて手に取った。 「なぜモテないかというと、それは、あなたがキモチわるいからでしょう」と二村さんは言う。 ビジネス書で仕事ができるようになるのと同じかそれ以上に、女にモテることが男に…

心がらくになる子育て 著者:前田義子

本文より、 「子育てで唯一辛いことがあるとしたら、向きあってこなかった自分と、 真向から対峙しなくてはいけないということ。我が子を他の子どもと比べてしまうのは、実は自分に自信を持てないせいだったり、その子の欠点だと映っている部分が、よく考え…

「夫婦」という幻想 著者:斎藤学

男と女は違う。 男と女が違うんだから、夫婦関係もみんな違う。 男は、 いつ捨てられてもおかしくないことを前提に、 捨てられないように気をつける。 夫婦は、定期的に契約更改をすべきと斎藤さんは提案している。 契約更改する時期は、 出産、 子どもが思…

心が折れる職場 著者:見波利幸

後輩が読んでいたのを見かけて、なぜだか気になっていたときに、 このブログでもたびたび紹介する赤羽雄二さんがFacebookで紹介していたので 読んでみた。 相手の身になる、というのがどういうことか、非常に分かり易く書かれている。 この本を初めに読んだ…

セアロ108の言葉 著者:セアロ

高倉太郎さんという方のメルマガで紹介されていたのがきっかけで読んでみた。 7つの習慣の中に、反応的と主体的という言葉がある。 セアロさんの考え方は、どれも主体的で、多くの気づきがある。 一番響いたのは、 「相対性の中で生きるのはもうやめよう」、…

「成功している男」の服飾戦略 著者:しぎはらひろ子

本書より、 ・「見た目」をきちんとすれば、「きちんとした人」と思われる。また、 本人の意識も違ってくる。100万円のスーツを着て立ち食いそば屋に入ったり、 居酒屋に入ったり、ジャンクフードを食べたりはしないだろう。 つまり、服装1つで自分を律する…

中くらいの幸せはお金で買える 著者:藤原和博

お金の使い方の本。 「物語係数が高いかどうかを判断基準にする」 その背景には、 仕事以外のコミュニティをいかに作るかが 人生後半の豊かさを決定づける。という 藤原さんの主張がある。 ふと、 「お金に対する価値観がずれていると、 男女の関係は長続き…

経営に終わりはない 著者:藤沢武夫

読み終えてから、 経営に終わりはないのはなぜか を考えた・・ 藤沢さんは、 万物流転の法則、つまり どんな富と権力も必ず滅びるときが来るという考えから 経営に終わりはない、としていると読み取れた。 万物流転の法則を避けて、 永続していくために、個…

すべての営業のための絶対達成バイブル 著者:横山信弘

営業のための・・・となっているが、 営業以外の職種でも、本で紹介されている 目標を達成するための考え方は活用できる。 達成と絶対達成も同じ意味だが、絶対達成と言われると 葛藤してしまう人は、普段から、目標に対する 覚悟、真剣さが薄い。とのこと。…

たった一度の人生を変える勉強をしよう 著者:藤原和博

人はいったい、なんのために生きるのか? 人にとっての幸せとはなにか? を考える本。考えるとは、 答えを探すことではなく、答えをつくること、と藤原さんは言う。 答えをつくることは、 自分が納得し、他者も納得できるように説明できること。 答えをつく…

もう、その話し方では通じません 著者:藤原和博

話し方の教科書。 「成長社会→成熟社会」の時代に変わっている。 成長社会は正解、成熟社会では納得解が求められる、と藤原さんは言う。 納得させるには、相手の頭の中に何があるのかを知ること、 そのために、まず相手との共通点を探す。 共通点探しには条…

社員をサーフィンに行かせよう 著者:イヴォン・シュイナード 訳:森摂

大事なことは変化すること 変化するには遊ぶこと というのが、この本のメッセージだと思った 会社とか家族とか、 固定された関わりの中で生きていくと 変化できなくなる 自然の中で遊ぶことが最も人に気づきを与えてくれる 自然の中で遊び続けるには、 自然…

聖書に隠された成功法則 著者:松島修

「真の成功とは、自己実現ではなく神実現である」 に切り替えるパラダイムシフトのススメ。 自己実現の問題点は、 現状のセルフイメージが低いこと。 セルフイメージが低いと 潜在的なところでモチベーションが続かない。 自分はどうなりたいのか、何をした…

この世の中を動かす暗黙のルール 著者:岡田尊司

精神病院で患者として暮らす老人が、 自殺を失敗した若者のメンターとして、 暗黙のルールとして アドバイスをして 若者が人生を良く変えていく物語。 暗黙のルールとして 7つが紹介されている フィクションではあるが、 精神科医の著者ならではの実話を も…

結果を出すリーダーほど動かない 著者:山北陽平

動かない、とは 何もしない、という意味ではない 成果の出ない望ましくない行動をさせず、 成果の出る望ましい行動を確実に実行させる 望ましくない行動に対して、動かない壁となる 「壁マネジメント」のノウハウが分かり易くまとめられている 会社で働いて…

1分間顧客サービス K.ブランチャード+S.ボウルズ 訳:門田美玲

自分が何を考え望むのか決める 顧客の望むことを発見する ひとつ余分に実行する これが熱狂的ファンをつくる3つの秘訣。 例えば、 クレジットカードを返すときは、 「○○さんカードをお返しします」 という内容が紹介されている 相手が望むこと達成するために…

なぜ日本の若者は自立できないのか 著者:岡田尊司

赤羽雄二さんが、 「愛着障害」で岡田さんの本を 紹介していたのがきっかけで、 何冊か読ませていただいている。 日本人はもっとできるし、 世界から期待されている という思いがあったので、 読んでみようと思った。 教育を変える必要がある、 というのが岡…

生きるための哲学 著者:岡田尊司

人の具体的な悩みと日々対峙している臨床医ならではの視点は、仕事やプライベートで人と対話するときの参考になる。 プロフェッショナルとは、 ・自分が何も分かっていないことを分かっていること ・それを乗り越える行動がずっとできること NHKのプロフェッ…

鏡の法則 著者:野口嘉則

・人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために起こる ・自分に解決できない問題は決して起こらない どこかで聞いたことある言葉で、この本の中でも書かれています。 分かった気になるような言葉ですが、この言葉を自分にも当てはまる…

迷わない強運哲学 著者:前田義子

女性の書いた自己啓発本も読んでみようと思って手に取った一冊。 女性の管理職比率を増やす目的みたいなものが腑に落ちていませんでしたが、 男性の書いた自己啓発本とは違った視点が多く含まれていて、 男とは違う視点をもつ女性と一緒に考えることの大切さ…

間違いだらけの婚活にサヨナラ 著者:仁科友里

女性と仕事をする機会が増えてきたため、 男女の考え方の違いを理解できることを期待して読んでみた。 男と女の違いはいろいろとあるが、 ・男は、外見が良ければ中身も良いと考える傾向が強いので、 女は、外見を磨くことが必須 ・そのうえで、男の自慢欲は…

プロフェッショナルの条件 著者:ドラッカー、訳:上田惇生

プロフェッショナルの条件とは、好循環を生み出すことができるかどうか、と考えている。 知っているだけではだめで、成果を生むための具体的な行動ができなければ、市場価値がない時代になっている。 成果(直接の成果、価値への取り組み、人材育成)ができ…

非営利組織の経営 著者:ドラッカー、訳:上田惇生

考え方を変える多くのヒントが述べられている。 言わずと知れた名著として知られているのは、考え方だけでなく、具体的に実行すべきことが書かれているからだと思う。 例えば、人事に関しては、『人とうまくやっていけるか、イニシアチブをとれるかなどのく…