もやもや駅伝

もやもや解決のバトンリレー

人を動かす対話術 著者:岡田尊司

「愛着障害の克服」で知った、岡田尊司さんの本。 似たような題名の本が多い中で、著者が精神科医として現場での経験をもとにまとめられており、良い意味で地に足がついた内容だと感じた。 マインドコントロール的にその人を言いくるめて人を動かすのではな…

最高の子育てベスト55 著者:トレーシー・カチロー

子育てって、自己流でいいのかなぁ、と思って買ってみた。 子どもを頭ごなしに怒ることは、親が傷つくことを恐れているということでもある、と筆者。 その通りだと思う。 結果ではなく、プロセスをほめるということは、他の本でもよく言われることではある。…

愛着障害の克服 著者:岡田尊司

赤羽雄二さんが、SNSで紹介していたのをきっかけに購入。 本屋さんのビジネス書・自己啓発コーナーには並ばない本ではあるが、 社会人なら必ず読んでおくべき。 スキルとマインドに分けて考えたとき、マインドについてよく言われることとして、人を変えるこ…

外資系コンサルのスライド作成術 著者:山口周

スライドの基本テクニックが網羅されている。 テクニックは、「世界を変えるためのツール」として活用することを、おわりにに代えてのお願いとして、最後に書かれている。 メッセージの作り方として、MECEにとらわれずに、言いたいことをとにかく書き出すこ…

一流の仕事ができる人 著者:岩倉信弥

本田宗一郎とのエピソードを交えて一流の仕事を学んでいく。 行動に哲学はあるのか、腰が入っているのか、背骨はあるか、それらが、仕事をする姿やアウトプットからにじみでるような仕事の仕方をしていきたいと思わされた一冊。

生きるのが面倒くさい人 著者:岡田尊司

愛着障害で有名な、岡田尊司さんの著書。 あとがきより、 「案外、他人は人のことなどかまっていないし、自分はこうしたいとはっきり意志を もった存在には一目をおいて、道をあけてくれるものだ。大事なのは、 自分はこうすべきだではなく、自分はこうした…

ロジカル・プレゼンテーション 著者:高田貴久

本書でたびたびでてくるのが、 論理的に話をすることと、相手を納得させることはまったく別の話であるということ。 それを認めつつ、本の名前が、ロジカル・プレゼンテーションとなっている。 本の中で、自己否定をしているようなものだが、だからこそ、内容…

運命をひらく 著者:本田健

松下幸之助さんの言葉、「雨が降れば傘をさす。そこにぼくは発展の秘訣というか、 商売のコツ、経営のコツがあると考えているのです」 なるほど。 みんな、複雑に考えすぎて、今、雨が降っているのかどうか、 分からなくなっているのが今の世の中なんだろう…

心をひらく 著者:ジェームス・スキナー

7つの習慣、成功への9ステップで有名なジェームス・スキナーが、 松下幸之助の成功哲学を分かりやすく説明している。 パラダイムシフトのきっかけになるヒントがたくさん散りばめられており、 読む人それぞれに違った影響を与えてくれる。 本書より、「リー…

道は開ける 著者:D・カーネギー

斉藤一人さんが、この本を7回読むことをすすめていたので 約一年かけて読んだ。 確かにまわりを見る目が変わってきたように感じる。 具体的な効果がでるのは、もう3年くらいかかるかな。

起業家のように企業で働く 著者:小杉俊哉

具体的な事例が多く紹介されている。 中でも印象的だったのは、 宋文州氏の「精神論が大好きな人は、だいたい会社も好き。会社が好きな人ほど 仕事ができないケースがたくさんある」ということ。 著者も、「精神論は厳しい仕事からの隠れ蓑に過ぎず、その精…

BCGの特訓 著者:木村亮示、木山聡

本書から、 「やろうと決めたことが実践されない理由は3つ。 1 (本音では)やる気がないか 2 ハウツーがないか 3 リソースがないか ハウツーがない、リソースがないのに、「頑張れ」で済まされることが 多いように感じる。 自分はそうならないようにした…

毒になる親 著者:スーザン・フォワード

赤羽雄二さんの紹介で知って読んだ一冊。 「毒になる親」という言葉と知り合えたことに感謝したくなる一冊。 小学校であった道徳の授業を、 中学、高校、大学でやるとしたら、こういったテーマでやるべきと思う。 もっと言えば、学生だけでなく、社会人にな…

道は開ける 著者:D・カーネギー

言わずと知れた名著。 たいていの自己啓発書に書かれていることは、この本に書かれている。 ただし、いきなりこの本を読むと、ボリュームが多すぎて理解できない。 100冊くらいビジネス書を読んでから、総おさらいとして読むのがおすすめ。

書き方の基本 プレジデントムック

相手の立場で書く、熱意を込めて書く。 文書を受け取る相手ひとりひとりをイメージして、 読み手が、 「これは自分に対して書かれた文書だ」と感じられるような、 書き手と読み手がイメージを共有できる文書にするためのポイントが 分かり易くまとめられてい…

億万長者 富の法則 著者:ロジャーハミルトン

直感的-五感的、内向型-外向型に分類し、 タイプごとに特徴と戦略が示されている。 ちなみに自分はトレーダー。 富を生み出す鍵は、安く買って高く売ること。 クリエイターとは正反対。あるものにのっかって 成果を出していくことが向いているみたい。 少し…

ワークコントロール 著者:行本明説

スキルが低い人ほど、ストレスが大きいというのが大きな気づきだった一冊。

本音で生きる 著者:堀江貴文

一番刺さった言葉は、 「得意な人に任せなければ会社にする必要ない」 たしかに。 ただし、 得意じゃないのと、やったことがないのとは違う。 やったことがないから、外注するのはNG。 ある程度分かっていなければ、 どうやって指示するかわからず、思った通…

才能は開ける 著者:ロジャーハミルトン

強みを活かす、という本。 自分の置かれている状況によって取るべき行動が違う。 現状に不満があると、 輝かしい未来を想像してしまいがちだが、 すぐに手に入れられるものはすぐに手から離れていってしまう。 強みが何なのか気づけば、迷わずに努力できる。…

小説レビュー 「何者」 著者:朝井リョウ

起承転結の、転結で急激に引き込まれました。 読者として、傍観者としてストーリーを読んでいたつもりが、 いつの間にか自分のことをズバズバ説教されました。 説教されたといっても、 嫌な気持ちになるのではなく、明日から頑張ろうとか、 視野が広がる感覚…

赤羽さんの「3年後に結果を出すための最速成長」より、『成長しないと生きていけない』

世の中はものすごいスピードで変化している。その変化の中心には、ブロックチェーンがあります。 ブロックチェーンを知らない、聞いたことはあってもよく知らない場合は、本書を読むことをおすすめします。 本書の98ページから、ブロックチェーンの説明と、…

動詞を英語にすると文章は分かりやすくなる

紹介を行った、ではなく、紹介した。 英語なら、introduceで済むものを、日本語で文章を書こうとすると、名詞と動詞に分けて、紹介を行った、と書いてしまいがち。 自分の書いた文章が英語に置き換えて考えてみると、分かりやすい文章になるのかもしれません…

書く力を鍛える

技術文書作成のセミナーに参加しました。 常用漢字を使うこと、表外音訓を使わないことが基本ということをみっちり教わりました。 自分の中に基準を作ることと、その基準に対して根拠を持つこと。根拠の一つとして、常用漢字や表外音訓が活用できます。 講師…

入社3年塾 赤羽雄二

いまいちやる気がでない、今よりももっと成長したい、初めて後輩を持った、もう一度社会人生活を初めからやり直したい、などなどの悩みに対する具体的な対応策が散りばめられています。 大切なことは、自己肯定感と自信を高めることで、そのためにどう行動し…

赤羽雄二さんの、「頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方」より、『考えが浅い、表面的と言われないために』

赤羽さんの著書をすべてブログで紹介する、という目標を立ててから約4カ月、今回でひとまず目標達成です。今後も、「もやもやを解決するヒント」をアップしていきます。いつもご覧いただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。 では、本…

赤羽雄二さんの、「ゼロ秒思考」より、『考えているつもりからの脱却』

一生懸命考えているつもりで、実際は立ち止まっている 毎日、会社に行き仕事をしている。遊んでいるわけではない。でもなぜか資料の完成が期限ぎりぎりになる、という経験は少なくない。一生懸命考えているつもりで、実際は立ち止まっている。この資料にこん…

赤羽雄二さんの、「ゼロ秒思考行動編」より、『全体観、オプション、フレームワーク』

即断即決、即実行には全体観が必要 即断即決、即実行しないのは多くの場合は逃げである。ためらい、迷い、躊躇、逡巡に価値はない。即断即決、即実行できないの根本的な理由は、対象への正しい「全体観」を持てていないことだ。と赤羽さんは言います。 全体…

赤羽雄二さんの、「7日で作る事業計画書」より、『熱意、向上心、柔軟性』

熱意を行動に変えていくヒント 本書は、起業や第二創業を目指したり、社内で新事業を立ち上げるときに誰に何を売って事業を立ち上げていくのか、という事業計画書の作成方法についてまとめられている。 情報収集の方法や問題把握・解決力を高くするための基…

赤羽雄二さんの、「マッキンゼー式リーダー論」より、『部下のやる気は上司が9割』

リーダーの仕事とは 赤羽さん曰く、リーダーの仕事は、「わくわくするビジョンをチームに示しつつ、メンバーを鼓舞して大きな成果を挙げることです。そのためには、メンバーや部下一人ひとりに深い関心を持ち、やる気を出させる必要があります」。具体的なツ…

赤羽雄二さんの、「世界基準の上司」より、『もっと部下のことを考える』

世界基準の上司とは 赤羽さん曰く、世界基準の上司の本質とは、「真剣に部下のことを考え、最高の仕事をやってもらってチームの成果を最大化し、他のどの部署にいるよりも部下が早く育つ環境を提供する」ということです。 そのために必要な第一歩として、部…

赤羽雄二さんの、「もうこれで英語に挫折しない」より、『日本語の情報だけでは勝負できなくなる』

日本語に翻訳された情報は、英語の情報の5%もない 成長したいビジネスパーソンにとって英語が不可欠な理由はたくさんありますが、どれもピンとこないというのが正直なところだと思います。 私を含め、多くの方にとって英語は重要ではあるが緊急ではないもの…

赤羽雄二さんの、「マンガで分かるマッキンゼー式ロジカルシンキング」より、『必要なのはちょっとした努力』

伝わらないのはテクニックの問題ではない 自分の考えを分かってもらえない、という経験は誰にでもあると思います。なぜ分かってもらえないのか、単に伝え方・言い方の問題ではなく、考え自体が表面的なものに終わっているからです。本人にとっては素晴らしい…

赤羽雄二さんの、「すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣」より、『部下を最短、最速で戦力化する』

従来式のやり方では通用しない 従来式とは、解決方法を部下に自分で考えさせたり、時には厳しく叱りつけたりといった方法のことを言います。極端に言えば、少し前のドラマにあった「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」というやり方です。 ス…

赤羽雄二さんの「頭を前向きにする習慣」より『人は皆、頭がいい』

「頭が悪い」という思い込み、自信のなさ 自分は頭が悪いと思い込んでいる人が多い、と赤羽さんは言います。特に日本人にその傾向があります。例えば、日本語で、「勉強不足で」いう言い方をすることがありますが、英語で、「As I am stupid, Ithink xxx」と…

好きなことと向き合うということ

好きなことを表面的なレベルではなく、負の側面まで深く考えて向き合わなければ何も変わらない。 私の場合は、少し前まではビジネス書を次から次へと読んでいましたが、振り返るとビジネス書を読めば何かが変わるはずだって、甘えがあったように思います。 …

赤羽雄二さんの「速さは全てを解決する」より『工夫をし続ける』

日本人は生産性が低い ・自分で決定し、推進しきれない多くの経営者や部門長 ・部門内外の調整につぐ調整 ・それに伴う膨大・過剰な書類作成 6ページより抜粋した日本人の生産性の低さの3大要因です。価値を生み出す仕事に費やす時間が少なく、且つ遅いとい…

赤羽雄二さんの「世界一シンプルなこころの整理法」より『悩みを悩みで終わらせないで文字にして考える』

悩んでいても何も解決しない 悩みは思考停止している状態であって、悩むことと考えることは違うそうです。考えるとは問題を特定することと赤羽さんは言います。先のことは誰にも分りません。悩みを因数分解して1つ1つに対してきちんと考えていきたいと思いま…

赤羽雄二さんの「マンガで分かる!マッキンゼー式ロジカルシンキング」より、『ロジカルシンキングは難しくない』

「もっと考えろ」の正体・・・上司も実は考えていない マンガ→解説→マンガ→解説→・・・の順番でストーリーが進んでいきます。 最初の解説で、「もっと考えろ」と言う上司や先輩の多くは、 自分でもあまちきちんと説明できない時に「もっと考えろ」と指摘して…

赤羽雄二さんの「成長思考」より、『誰でも驚くほど成長する』

成長し続けることは、そこまで難しくない 思い切ってハードルを下げる 高い目標が達成できず自信を無くしてしまっていないか。思い切って目標のハードルを下げて、できた自分をほめる。目標は達成できるものだという考え方に変えていく。 やり方を工夫する …

読書で自分を変えるアクションリーディングの実践

はじめての投稿です。 赤羽雄二さんのアクションリーディングという本を読んで、感動しました。 本の中に、 「本を読んだら、ブログに書く。読書時間の半分をブログを書く時間にあてた方が、よほど全体としての生産性が上がり、好循環が生まれる」 と書いて…