もやもや駅伝

もやもや解決のバトンリレー

起業家のように企業で働く 著者:小杉俊哉

具体的な事例が多く紹介されている。

 

中でも印象的だったのは、

 

宋文州氏の「精神論が大好きな人は、だいたい会社も好き。会社が好きな人ほど

仕事ができないケースがたくさんある」ということ。

 

著者も、「精神論は厳しい仕事からの隠れ蓑に過ぎず、その精神論が通用する会社は

そもそも本当に仕事で辛い思いをしている社員をケアしていない」としている。

 

安易に、会社を好きになる、とか言わないでいこうと思った一冊。